ずぼらマンにオススメのすっぴんメイカー

古今東西いにしえよりオタクは最後にerがつく肩書きが大好き。

ゴッドイーター(神喰らい)、ラフメイカー、キングメーカー、モンスターハンター……。

インテグレートからは「すっぴんメイカー」が出たぞ!!!!!!!!

いや、すっぴんメイカーって名前よくない?? ちょっと「すっぴん」が攻撃力低そうだけど、「●●メイカー」という名前の武器にカッコ悪いものはない。

名前はともかく、すぼらマンにはめちゃ最高なので、マジでおすすめします。

インテグレートのすっぴんメイカーとは

インテグレードの公式サイト

「マスク生活続いてるし、そろそろ本腰入れて手抜きメイク覚えたいよね???」って感じでインテグレートから発売された、時短メイクアイテムです。

公式サイトにも、「マスクで顔隠れるけど、ちょっとはメイクしとく? ってときとか、在宅ワーク中の会議用にどう?」って書いてくれてる。

さすが資生堂様、””理解””ってる……。この半年でそこの需要めちゃ高まってるからな……。

そこでカバー力とか捨てて、時短薄付き手抜きメイクに全振りするために「すっぴんメイカー」って名前つけるの天才か???

さすがに「加工アプリ要らず」のうたい文句は疑ってるけど、純粋に手抜きメイク用は嬉しいですね。

タイプは2種類! リキッドとパウダーです。

パケがシンプルでちょっと玩具っぽいの、私は好きですね。

あんま場所取らないし、主張しすぎないし、本当に「メイク(メイク道具の管理まで含めて)最低限にしたい人向け」って感じで好感触。

いかにも高級品な感じのパケだと、無意識に、雑に使っちゃいけねえ……とか、埃被らせるわけには……みたいな意識働いて気遣っちゃうからな。少々ぶつけても平気そうな玩具じみたパケ、気が楽だわ。

というわけで、それぞれ使い方と使い心地を書いていきます。

すっぴんメイカー・リキッド


単品づかいできるアイテム。「洗顔後にこれ一本!

インテグレート昔もこの系統のアイテムあったな。後継機か。最高じゃん拍手。

リキッドとは言うけど、ccクリーム的なあれなので、「下地とリキッド兼ねてて仕上げに粉も要らないよ」というかたちです。ずぼらマンやったね!

容器をよく振ってから使うようにと書いてあるので、多分いい成分が沈殿しがちなんだと思います。よく振ってから使ってね。

肌が明るくなって、毛穴が消えます。これはマジ。

透明感爆上げなのがすごい!

季節の変わり目なので、体調によって顔色が違う今日この頃ですけど、一律キレイに明るくしてくれますね……。

あと、BBクリームやCCクリームって、「いやこれ一本では済まんやろ……」みたいなアイテムあるじゃないですか?

顔に液体塗ってんのバレバレじゃん……塗りたてのペンキか???上から押さえる粉必須やろ……みたいなやつ。

安心してくれ、すっぴんメイカーはマジでこれ一個で済む!!

普通にうるつやっとしてて、美しいすっぴんみたいな仕上がりです。

いやマジで、「ちょっと買い物」とか「15分だけオンライン会議」とかのとき最強だと思います。

デメリット。リキッドにしては伸びが悪いです。肌が乾燥してんのか? みたいな使い心地。スキンケアでしっかり保湿してること前提かな。

あと、それなりに白く仕上がるので、今年の夏めっちゃ日焼けした民は気を付けた方がいいかもしれないです。

とはいえ、「マスクのときの手抜きメイク用」だから肌色に合ってるかどうかなんて正直判別つかねーんだよな!わはは!

普通ファンデの色が合ってるかどうかは、首と顔の色の差異で判断するものですが、今のご時世、目周りと首の間がマスクで断絶されてるので、色合ってないファンデ使ってもあんまバレないですね……(色の濃いファンデ使って出勤したけど誰にも何も言われなかった美容部員より)

あと、オンライン会議とかのカメラ通すときは、少し明るめの顔色(ライティング、ファンデ明るめ)にしておいた方がキレイに見えるので、白めに仕上がるのは考えて作られてるんじゃねーかな。さすが資生堂。

べ、別に資生堂のことなんて好きじゃねえよ! ……ただ、あいつの作るものの機能性だけなら、この世の何よりも信頼がおけるからよぉ……。こうやってまた今月も、ツンデレのライバルみたいに資生堂に貢ぐ羽目になる……。

カバー力は皆無。シミとか隠したい人は、カバー下地と併用必須。

あと、すげーテカる!

えっそんなにテカる?っていうくらいテカる(多分私がチョコ大好きなせい)眼鏡がものすごい勢いでずれる。

テカり崩れ気になる人は、上から粉白粉はたいてもいいかもしれん。

一緒に使うなら、キャンメイクの粉白粉オススメ。


キャンメイクの粉白粉は皮脂崩れ防止系で、油大好物(吸ってくれる)なので、テカり崩れしがちなこのリキッドと相性がいい。冬場は乾燥するからそこだけ気を付けてね。

総評としては、リキッドは短時間マジでぱっと顔整えるとき用。

すっぴんメイカー・パウダー


普段使ってる化粧下地とセットで使うアイテム。

これすごい! 塗るだけで毛穴消える! 感動!

チョコレート大好きマンなので、年中毛穴の開きに悩まされてるんですが、チョコを食うのをやめろこれ塗ったら毛穴消えました。

えっすご……普通のパウダーだと、塗った後もそこはかとなく毛穴が主張してくるんだけどな。

すっぴんメイカーに作られた私のすっぴん、本来の私のすっぴんより美しいが??(当たり前体操)

一時期大ブームになってたケイトの緑下地+これで試してみたけど、緑下地で顔の赤味が消え、すっぴんメイカーで明るく毛穴レスになって、透明感の権化みたいになりました。最高やん。

すっぴんメイカー・リキッド(前述)を下地代わりにしてパウダーこれも試しましたが、さすが相性いいね!

めちゃくちゃシンプルにするっとナチュラルメイクで仕上がる感じで、「すっぴんメイカー」の名前は伊達じゃねえ……!といった感じです。

最初私これ、洗顔の後直接塗っていいパウダーなのかと思ってたんですけど、さすがに違いましたね……。

時短メイクとはいえ、手持ちの下地がないといけないということは、普通のパウダーファンデじゃn……おっとそれ以上はいけない!

こっちは乾燥は感じなかったなあ。

パフで使ってもブラシで使っても、つるすべな使い心地です。

プチプラのパウダーにしては、パフがしっかりしててよい。プチプラコスメ嫌いじゃないんだけど、パフのペラペラ感が頼りなさ過ぎて使う気になれないことが多いので、すっぴんメイカーは安心ですね。

パウダーの色がちょっと独特。少しピンク寄りの色。

ピンク系のファンデは、顔色がくすみがちな人、元の肌色が白すぎるので健康的に整えたい人におすすめの色味です。

逆に、普段から頬の赤味に悩んでいる人、ちょっと体温上がると火照りがちな人は、顔めっちゃ赤く見えがちなので、避けた方がいいです。

私は普段頬の赤味が気になってる人なんですけど、すっぴんメイカーはピンク系のファンデほどピンクピンクしてないので、そこまで気にならなかったかな。美少女のイラストに使われてる肌色だ!と思いながら使いました(頭の悪い感想)

ただ、仕上がりがほんのりピンクみの色になるので、あまりそういう仕上がりが好きじゃない人は気を付けてください。

こちらもカバー力はほとんどないです。毛穴は消えるけど。

あとこちらも多少はテカる。さすがに8時間勤務は持たなかったな~。ちょっとティッシュオフしたり、という手直しは必要な感じです。

総評、パウダーは「マスクで顔の大半隠れるから、そんな気合入れてメイクしたくない……。でもまあ多少キレイに整えるくらいはしたいかな……」というずぼらマン向け!!

個人的にはリキッドを下地代わりに&パウダー仕上げでダブル使いめちゃオススメですね。

脳死で、「とにかくマスク付けて生活する最低限の化粧」するのに最適解すぎる。

これを塗っておけば間違いはない、という組み合わせ嬉しい。普通のファンデみたいに色選ぶ必要もないしね。

私も最近仕事忙しすぎて色んなこと考える気力薄れてるので、しばらくこれ使おう。

息抜きや生き甲斐に当たるライブや遠征が延期されてる民も多いと思うので、メイクとか日々の重荷を減らして無理のない生活してくれよな。

そしてこれはリキッド・パウダー両方に共通するメリットなんですけど、

塗った感触が軽い!!!

これめっちゃ大事!!!!

しっとり感とかカバー力とかを重視するとどうしてもメイクアイテムって重たいんですよね。皮膚呼吸できない感じというか。

マスク付けると尚更この重さが気になる。肌にセメント塗られてるような息苦しさがないので、すっぴんメイカーめちゃくちゃありがたい。

あと何度でも言うけど本当に毛穴が消えるので、マスクで大半の悩みが集中する鼻周りが見えない今、比較的目立ちやすい毛穴悩みがなくなるのは大助かり! マジで買って損はないぞ……!

というわけで、

  • もうあんまりメイクしたくないずぼらマン
  • 在宅に切り替わったのでメイクが必要な時間数自体が減った人

にはめちゃくちゃおすすめです!

あと幼少期の私を狂わせたジャンプ漫画のリメイクアニメが始まったのでPV貼っておきますから、興味沸いたら見てくださいお願いします(ダイマ)

アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」オープニング主題歌バージョンPV